05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リレー版・友だちになるために 

発表会まであと10日足らずになりました。

ムジカ・ノーヴァ誌の
「ピアノの先生の夢、叶えます!」の企画記事で 連弾にしていただいた
「友だちになるために・リレー連弾バージョン」の演奏は、
発表会の「トリ」です。


このリレー連弾は、最低3人でリレー出来るのですが、せっかくの発表会での
お披露目なので、少しでもたくさんの生徒にリレーしてもらうと思って、
小学4年生以上の人11人、そして、作編曲をしてくださった轟先生の了解を得て、
吹奏楽部に入っている中高生5人の楽器も一部メロディやオブリガードを
担当してもらいます。


tomodati1






リレー連弾は、いままでも、春畑セロリさんの「クリスマスパーティは大騒ぎ」
や「運動会リレー」を経験しているので、それを経験したり、
間近に見聞きしていた生徒たちには、そう違和感なく
「あ?、あれね!」と楽しみにしてもらってます。


tomodati2






画像の楽譜は、ムジカノーヴァ掲載のちょっと前に轟先生から送っていただいた
生原稿。

それを数小節すつ色分けをして、担当を決めました。
リピートがあるので、一巡目と二巡目では担当する子も替わりますから、
色も、線も変えてわかりやすくしました。

この楽譜には、書いてないのですが、フルート、オーボエ、トランペット2本、
バスクラリネットが入ります。
(本当はサックスもいたのですが・・・部活の関係で泣く泣く
発表会辞退になってしまいました)


全員でリレーするのは、発表会当日のリハーサルと、本番のみ。。。
いまは、レッスンの前後の生徒に私が臨時で加わって、入れ替わりのタイミングを
みたり、3人連弾の狭さ!を体感してもらっていますが。

うまくタスキをつなぐことができるでしょうか?
ドキドキです。
今週は、家で練習するテンポを決め、毎日必ずメトロノームで練習するか、
メトロに合わせて歌っておく、というように約束しました。



そして、この原曲とアレンジのもつ優しいほんわかした感じを大切に
最後まで表現できるでしょうか??

出だしを担当する子達には特に
「はじめの雰囲気作りが重大責任。ていねいにはじめてね??」と
言っています。

そして、リレーの最後は、このリレーでは最年少の小学5年生トリオに
受け持ってもらいました。



それは、

「来年は、小学校の最高学年。
ピアノ教室の中でも、中心的な存在になって、小さい子たちの
あこがれのお姉さんであってほしい」

という願いをこめて担当させました。


そして、今の6年生や、中高生は十分に期待に応えてくれていると、
思いますよ。





スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピアノの先生

Author:ピアノの先生
3人の息子と3人のお嫁さん、そして、4人の孫を持つピアノばーばです。

多くの子供達、お母様方との出会いの経験から、1人1人の個性に合ったピアノ指導と共に、独りよがりにならない音楽性や人間性を育てるよう心がけて指導しています。
自らもまだ学び中です。

音楽之友社発行「ムジカノーヴァ」にて、
07’7月号「ピアノの先生の社会見学」
08'8月号「音楽にまつわるお酒」
10'8月号「発表会の記念品におすすめ・お取り寄せスイーツ徹底調査」
10’10月号「わかった!できた!この指導法効果あり」
10’11月号、11'3月号「こんな曲、あったらいいな。ピアノの先生の夢叶えます」に取材・企画協力しました。

2011年は7月号から11月号まで、同誌に「おとのかいだん」を執筆しました。
2012年も、新シリーズを執筆すべく鋭意準備中。

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。