06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノステップ

ちょっと前の話ですが

ピティナのピアノステップに参加した小学生がいました。
お疲れさまでした!

発表会は、一日がかりですが、ステップは、それほど拘束時間はないにしても、
半日くらいは、他の兄弟も、時にはおばあちゃんも巻き込んで
参加生徒の「応援」体制に成らざるをえませんね。

でも、こういう発表会以外の場での、演奏も、機会があったら、
(しょっちゅうでなくていいので)経験したらとても良いと思います。

同じ先生の元で、勉強するということは、やはりどうしても
選曲や、音楽性が偏る傾向がありますし。
(そうならないように、うんと努力はしているのですが)

余談・・・
でも、先生の個性って、けっこう生徒に反映すると思います。
だって、うちの生徒って、だいたいが謙虚で大人しめな人が多いです。
違う??

「私が、私が!」っていう人や、「ナルシストちゃん」に囲まれて
揉まれるのもたまにはいいかも。



話がそれましたが・・・

自分の先生以外の、専門家の視点で講評していただく事が、
とても良いと思います。

「先生とは、全然違う観点から、講評してもらった」と
おっしゃったお母様が以前いらっしゃいました。

私自身も、「ああ、そういう見方もしなければいけないのだわ」と
反省や、勉強になります。

反対に、「いつも先生から言われてることを、やはり指摘された」というのも、
同じ人から、毎週言われていたら、マンネリで、「耳を通過」してしまってる!
かもしれないけど、

見ず知らずの先生から指摘されると、「シャキーン」と
耳と心に入ってくれることも、ありますね。


また、人前で弾くことは、「発表」に「期日」を設けることになるので、
練習への取り組み方が違ってきます。

ピアノは、個人レッスンなので、
「個々の特性に合わせて、レッスンしてあげられる」というのは、
長所であり、短所でも、あります。

特にのんびり屋さんにとってはね。
発表の場を設けることで、練習にも提出期限できたら、
もう少し、がんばって練習しますよね?

ステップでは、同じ曲を弾く人が何人も続くことも、珍しくありません。
でも、人によって、全然違う演奏だったりします。
そういう聴き方をするのも、とても楽しいドキドキワクワクする経験です。


私は、楽しいドキドキをたくさん経験する人の方が、魅力的な素敵な少年少女だったりするような気がします。

あなたは、どう思いますか?














スポンサーサイト

プロフィール

ピアノの先生

Author:ピアノの先生
3人の息子と3人のお嫁さん、そして、4人の孫を持つピアノばーばです。

多くの子供達、お母様方との出会いの経験から、1人1人の個性に合ったピアノ指導と共に、独りよがりにならない音楽性や人間性を育てるよう心がけて指導しています。
自らもまだ学び中です。

音楽之友社発行「ムジカノーヴァ」にて、
07’7月号「ピアノの先生の社会見学」
08'8月号「音楽にまつわるお酒」
10'8月号「発表会の記念品におすすめ・お取り寄せスイーツ徹底調査」
10’10月号「わかった!できた!この指導法効果あり」
10’11月号、11'3月号「こんな曲、あったらいいな。ピアノの先生の夢叶えます」に取材・企画協力しました。

2011年は7月号から11月号まで、同誌に「おとのかいだん」を執筆しました。
2012年も、新シリーズを執筆すべく鋭意準備中。

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。