06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムジカノーヴァ・11月号

ピアノ教室の発表会でいつもオープニングや、エンディングで歌っていた歌

「友だちになるために」の連弾バージョンが、いよいよムジカノーヴァ11月号に発表されます!

待ちに待った掲載ですね。

12月の発表会では、いつものように、トーンチャイムの伴奏で歌い、
最後は、ムジカノーヴァに掲載された「リレー連弾バージョン」で5年生から中学生の
皆さんにリレー連弾をしてもらう予定です。

吹奏楽部のみんなには、それぞれの楽器で手伝ってもらい、
小さなお友達には、リコーダーや、綺麗なお星さまの音色?で
お手伝いしてもらいますね。


「友だちになるために」という歌は、わたしの息子たちがまだ小さいころ、育児情報と、音楽情報の両方を得るために購読していたクーヨンという月刊誌に掲載されていた曲です。

現在の「クーヨン」は、ほとんどが育児の記事ですが、当時は保育者向けの音楽の話題、
楽譜、などもいっぱい載っていました。

ピアノ教室の小さなクリスマス会などでも、ずいぶんネタを使わせていただきました。

保育園、幼稚園の入園、卒園式などで、お母さんたちを「泣かせる」

この「友だちになるために」や「はじめの一歩」

こども達の大好きな「世界中のこどもたちが」など、みな、中川ひろたかさん、新沢としひこさんの
コンビから生まれたかくれた名曲ですね。


覚えやすく、歌いやすいシンプルなメロディ、そして何よりも素敵なメッセージをこめた歌詞。。。

いつも発表会で歌っていたら

いつかピアノのレッスンに来なくなっても

どこかで、たまたま、このメロディを耳にした時

楽しかったり、つらかったりした何年間かの、ピアノのお稽古生活を
思い出してくれるかな?

それから、この曲を歌いながら

習いはじめのよちよちピアノ

練習が難しく、つらくなってきた頃のツンツンピアノ

ピアノの楽しさがわかってきて、少し大人になった We Love Piano 

を想ってくれるかなーと思いながら、毎回毎回懲りもせず

発表会というと、手を変え、品を変え、この曲を出してます。



そして、今回、ムジカノーヴァの企画

「こんな曲 あったらいいな…」―そんなピアノの先生の夢、叶えます!で、素敵なアレンジのリレー連弾に変身しました。


音源は、

轟先生のサイトから、試聴できます。

♪こちらです♪


興奮ぎみに書いてしまいましたが、この曲の、

「メロディ」の感動
「歌詞」の感動
「アレンジ」の感動

を伝えるのは、生徒の「あなた」!!です。

発表会まで、あと2ヶ月

練習はOK??!!

スポンサーサイト

プロフィール

ピアノの先生

Author:ピアノの先生
3人の息子と3人のお嫁さん、そして、4人の孫を持つピアノばーばです。

多くの子供達、お母様方との出会いの経験から、1人1人の個性に合ったピアノ指導と共に、独りよがりにならない音楽性や人間性を育てるよう心がけて指導しています。
自らもまだ学び中です。

音楽之友社発行「ムジカノーヴァ」にて、
07’7月号「ピアノの先生の社会見学」
08'8月号「音楽にまつわるお酒」
10'8月号「発表会の記念品におすすめ・お取り寄せスイーツ徹底調査」
10’10月号「わかった!できた!この指導法効果あり」
10’11月号、11'3月号「こんな曲、あったらいいな。ピアノの先生の夢叶えます」に取材・企画協力しました。

2011年は7月号から11月号まで、同誌に「おとのかいだん」を執筆しました。
2012年も、新シリーズを執筆すべく鋭意準備中。

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。