05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金曜日のミニコンサート

金曜日は、合唱団の練習があったので、山手まで出かけました。

山手の坂の上から戻って、さあ、スタートです。

昨日から、小学校では家庭訪問が始まっているので、給食後の下校。
子供たちは、時間にも気持ちにも余裕があって、心なしか晴れやか??


?  4時の部

♪ ワタシ   チョコモンスターがやってきた  :とどろきちひろ
         なぐさめ   :ブルグミュラー
         貴婦人の乗馬   :ブルグミュラー



♪ 小4ちゃん  色々なカエル   :ドイツの曲
         かわいい音楽家   :ドイツの曲
         かたつむりの夢    :バスティン
         エーデルワイス   :映画?サウンドオブミュージック 



♪ 小4ちゃん  トトトの歌    :アメリカの曲(連弾)
         崖の上のポニョ  :映画?崖の上のポニョ 
         あじさいの庭   :ピアノパレード
         トムキャット・あたらしいロンドン橋
         冬・サンタのそり    :バスティン
         つま先・なわとび・ぐるぐるまきのブランコ :バーナム

♪ ダブル小4ちゃん  ネコふんじゃったの連弾
          

♪ 「アフリカへ行こう!」 

             「ラララ発表会」に載っているアフリカのパーカッションの曲、          
               「ラララジャンサー」を勝手に「アフリカへ行こう!」と
               改名して遊んでます。

               このシリーズ、音友から出版されていたのですが、絶版になった由・・・
               執筆者でもあるギロ友の谷口先生から、譲っていただいたのですが、
               ピアノの遊びの会や、体験レッスンの時すごく使えるのに・・・
               絶版になっちゃったそうです。

               残念なーーブツブツーーーーー。本屋さんも大変でしょうけどーーー





この日の小4ちゃんは、ふだんでも仲良し。前後しているレッスン時間にもよくコミュニュケーションを取っています。

「ネコ」の連弾は、学校の講師?の先生に教えてもらった合いの手と、元の「ネコふんじゃった」を連弾しました。

「トトト」は、お母さんに教えてもらった、と言って弾いてました。

「いろいろなカエル」っていうのは、良く知っている「カエルの歌」を3つの調に移調奏したのです。
「ハ長調」「ト長調」「ヘ長調」3匹のカエルが、鍵盤の上を飛びましたピョンっ。




?  6時の部


♪ ワタシ   チョコモンスターがやってきた  :とどろきちひろ
        がいこつ達の陽気な行進 :ひらよしたけくに
        雨の日の噴水   :  ギロック




♪ 小6君    メヌエット  :ペッツオールト(バッハ)
         つむぎ歌   :エルメンライヒ
         YELL    :いきものがかり
         アラベスク・バラード: ブルグミュラー


♪ ワタシと小6君    ☆スペシャルな連弾曲☆

♪ ブラウン管からけんばんわ  ???曲名あて 



「お母さんやお姉ちゃんは来てもいいけど、同級生や下級生女子はいない方がいいなー」っていう
照れ屋小6君。

最近はピアノを弾く事に、燃えてきて、学校の先生にも「ピアノ男子」けっこう頼りにされている模様です。


「作曲者と、曲目は、自分で言って弾くんだよ」と言ったら、私がレッスンの時に話したちょっとした解説も
ちゃんと自分で言ってました。

お姉ちゃんは、学校の用事で来れなかったので、時間にも余裕があったから、
予定外の2曲も弾きました。


私は、どこに行っても?小学生のチームの時は、轟先生の「チョコモンスター」を
弾いてます。

だって、可愛いんだもん。

プログラムで、題名を見ると、生徒たち一様に「可愛い!!」って言います。

「モンスター」ってイメージを拡げやすいですね。

「イイモノか?ワルモノか?どっちだと思う?」って問いかけて弾いてみます。

それぞれに、答えが違います。



「ブラウン菅からけんばんわ」っていうテレビCMの一節をたくさん集めた楽譜集を
見つけたので、これで、曲名当てをしたのですが。。。


ふだん、歌で聴いている音楽をピアノの音だけで聴くと、全く違うものに
聞こえるみたいで、あんがいわかりませんでした。



?  8時の部

♪ ワタシ     雨の日の噴水   :  ギロック
          ピアノソナタ作品42  第2楽章 :シューベルト



♪ 高1さん    ピアノソナタ作品42  第1楽章 :シューベルト
          幻想小曲集より「飛翔」  :シューマン



♪ 湯山昭 「音の星座」 のCDを聴きました。


この夜は、ひどい雨降り。「雨の日の噴水」ばかり弾いてました。

師弟で、シューベルトのソナタを1楽章と、2楽章と、分けて弾いてみてますーー

「飛翔」も絶対好きな感じだろうと、思って宿題にしたら、これも、気に入ってがんばってます。






スポンサーサイト

プロフィール

ピアノの先生

Author:ピアノの先生
3人の息子と3人のお嫁さん、そして、4人の孫を持つピアノばーばです。

多くの子供達、お母様方との出会いの経験から、1人1人の個性に合ったピアノ指導と共に、独りよがりにならない音楽性や人間性を育てるよう心がけて指導しています。
自らもまだ学び中です。

音楽之友社発行「ムジカノーヴァ」にて、
07’7月号「ピアノの先生の社会見学」
08'8月号「音楽にまつわるお酒」
10'8月号「発表会の記念品におすすめ・お取り寄せスイーツ徹底調査」
10’10月号「わかった!できた!この指導法効果あり」
10’11月号、11'3月号「こんな曲、あったらいいな。ピアノの先生の夢叶えます」に取材・企画協力しました。

2011年は7月号から11月号まで、同誌に「おとのかいだん」を執筆しました。
2012年も、新シリーズを執筆すべく鋭意準備中。

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。