10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お人形の夢と目覚め

19世紀、ドイツの作曲家(ピアノ教育者)テオドール・エステンの作った曲。

エステンは、「アルプスの鐘」「アルプスの夕映え」など発表会で、必ず子供たちが弾きたがる素敵なサロン小品を
残しています。

「お人形の夢と目覚め」は、ピアノを習っている子供たちは、誰でも弾きたがる曲ですね。


来週、うちのレッスン室で、小さなコンサートをするので、今はそのための「今まで習った曲で、自分が弾きたい、お母さんや先生に聴いてもらいたい曲」を復習しています。


「お人形・・・」を練習しているひとが何人か、います。

ちょっと小さい子、ちょっと大きい子。。。

楽譜には、「お人形がねむる」とか「お人形の夢」「踊り」などと1ページごとに
コメントが書いてあります。

それで、ページごとに、ストーリーを考えやすいですね。


ただ。。。。。


お人形って、どんなお人形なのでしょ?

お人形が一人で、寝て・・・・
夢を見て・・・・・
突然、びっくりして・・・・
目がさめて・・・・・
踊り出す??


なんだか、妖怪みたい??

いえいえ、そんなお話じゃあ、ありませんよ。


少し小さな生徒には、「○ちゃんの大好きなお人形や、キャラクターのぬいぐるみで、
遊んでいるところをそうぞうして」弾いてもらったりします。

または、お人形は、○ちゃん自身ですね。


今日、レッスンで、この曲を弾いた生徒は、6年生の生徒です。

幼稚園や、小学校低学年の時に持っていて、大事にしていたドレスを着替えるような
素敵なお人形と遊んだ自分を思いだして、弾いてみようかな?


いえいえ、待てよーーー

「6年ちゃんには、まだ幼稚園の弟いるよね?可愛い?」

『ううん!!けんかするし、らんぼうだし、可愛くない!』

「では、妹ってほしくない?う?んと可愛いちっちゃい妹」

『ほしい!!』

もちろん、実際の弟がほんとうに憎たらしいわけじゃないけれど、
自分にないきょうだいを欲しい気持ちって、だれにでもありますね。


「2歳になるか、ならないくらいの、6年ちゃんの思い通りにできる可愛い可愛い妹がいたと、
してみましょう!」

6年ちゃんの目が輝きました。

「じゃあ、その妹と二人でお留守番してるの。お昼寝させてあげてるところ、が
1ページ目」

「一緒のお布団に寝ころんで、楽しい夢を見てるところが、2ページ目」

「妹ちゃん、お昼寝から目がさめて、一緒におやつを食べて、キャッキャ笑って、一緒に遊んでるところが、
3?4ページ目。」

「6年ちゃんはバレーを習ってるから、それを妹に教えてあげたりもしています。
でも、妹ちゃんは、だんだん調子に乗っておおあばれ?。早くお母さん帰って来ないかな???
あ?やっと帰ってきたーー。良かった???」


これで、おしまい!!


こう想像させた時の、生徒の目の輝き。

もともと、とても情感豊かに上手に弾いていたのですが、この話を想像したあとの、
特に1ページ目の「子守唄」の弾き方が すご??く変わったのです。

録音しておきたかったくらい。


ほんとうに楽しいレッスンでした。












スポンサーサイト

プロフィール

ピアノの先生

Author:ピアノの先生
3人の息子と3人のお嫁さん、そして、4人の孫を持つピアノばーばです。

多くの子供達、お母様方との出会いの経験から、1人1人の個性に合ったピアノ指導と共に、独りよがりにならない音楽性や人間性を育てるよう心がけて指導しています。
自らもまだ学び中です。

音楽之友社発行「ムジカノーヴァ」にて、
07’7月号「ピアノの先生の社会見学」
08'8月号「音楽にまつわるお酒」
10'8月号「発表会の記念品におすすめ・お取り寄せスイーツ徹底調査」
10’10月号「わかった!できた!この指導法効果あり」
10’11月号、11'3月号「こんな曲、あったらいいな。ピアノの先生の夢叶えます」に取材・企画協力しました。

2011年は7月号から11月号まで、同誌に「おとのかいだん」を執筆しました。
2012年も、新シリーズを執筆すべく鋭意準備中。

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。