05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスの連弾

あっという間に12月になりました。

この時期、街の色々なところがクリスマス気分です。
ピアノ教室でも、この季節になると「クリスマス・ソング」を
何曲かレッスンに取り入れることが多いです。

今年は、ちょっといつもと違う取り上げ方をしてみました。

毎年、毎年、少しずつ買いためていったクリスマスソングの楽譜集たち。
ここに載せたのは、ほんの一部です。



kurisumasu


このクリスマスの連弾をレッスン時間の前後にしてみようと思います。

いつもとちょっと違うのは・・・・・

レッスンの前後の人同士でペアにして、「連弾しちゃおう」です。

発表会などでは、「親子」「兄弟・姉妹」「同級生の仲良し同士」のように
ペアを組むけれど、二人のスケジュール調整が大変。

それなら???っ

同じ曜日の前後の人同士でペアにしちゃいましょ。
これなら、確実に毎週会って、合わせることができますね。

たとえば・・・・
Aちゃん(プリモ)+Bちゃん(セコンド)で1曲

Bちゃん(プリモ)+Cちゃん(セコンド)で1曲

Cちゃん(プリモ)+Dちゃん(セコンド)で1曲

レッスンの最後に来るDちゃん(プリモ)+わたし で1曲


このように、ぺアを(無理矢理?)作りました。

ほとんどおうちでは練習しなくても弾けるようなごくごく簡単な色々なアレンジ。
初見(しょけん)の練習です。

最初に来る(年齢の低い)生徒以外は、一人2曲の楽譜を持ちます。

きよしこの夜・・・ジングルベル・・・(年齢によって、アレンジも変えてみたりしました)


このような「無理矢理クリスマスペア」でも、ないと絶対一緒に連弾をすることのないような
組み合わせも、できました。

(いやがるかな??、と思った子も、あんがい素直に?楽しんでいるみたいです)

でも、気が進まない風なときは、私が代わりに弾いてあげてます。
全部のページが弾けなくても、最初の段落を合わせてみるだけでも、クリスマスらしいピアノのレッスンに
なりますね。

入れ替わりの時間に合わせるので、お迎えにいらしたお母様方を寒い外で待たせてしまうと
いけません。
そのような時は、遠慮なくお部屋に入って待っててくださいね。

また連弾の曲は、ごく簡単な編曲です。
ピアノを弾けるお母様はぜひお子さまと連弾なさってください。







スポンサーサイト

プロフィール

ピアノの先生

Author:ピアノの先生
3人の息子と3人のお嫁さん、そして、4人の孫を持つピアノばーばです。

多くの子供達、お母様方との出会いの経験から、1人1人の個性に合ったピアノ指導と共に、独りよがりにならない音楽性や人間性を育てるよう心がけて指導しています。
自らもまだ学び中です。

音楽之友社発行「ムジカノーヴァ」にて、
07’7月号「ピアノの先生の社会見学」
08'8月号「音楽にまつわるお酒」
10'8月号「発表会の記念品におすすめ・お取り寄せスイーツ徹底調査」
10’10月号「わかった!できた!この指導法効果あり」
10’11月号、11'3月号「こんな曲、あったらいいな。ピアノの先生の夢叶えます」に取材・企画協力しました。

2011年は7月号から11月号まで、同誌に「おとのかいだん」を執筆しました。
2012年も、新シリーズを執筆すべく鋭意準備中。

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。