06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むだばなし

ちっとも無駄じゃない「むだばなし」のはなしです。


どんなに小さな短い曲でも、何かイメージを持って弾くって
大切で、それができるかどうかで、ずいぶん楽しさも増えるし、
聴いている人に伝えることができる、と思います。

ちょっと前ですが・・・

A-B-Aのサンドイッチになってる曲を弾いていたある生徒に、
「最後の方のA」は、「最初のA」よりもっと伝える気持ちをたくさん持って
弾いてほしかったので、

「一番うれしい時って?」と聞いたら




hikaru



正直でいいねー

これなら、実感がこもってますね(笑

ただ、言葉に出すだけでなく、書いてもらって、楽譜にペッタンしておいたら、
いつもその気持ちを思い出せるかな。


こういう子供の正直な気持ちを引き出すのって、ふだんのなんでもない時に
どれだけ生徒と「むだばなし」を上手にしてたか、どうかにかかってくるかしら、と
思います。

良い意味の「むだばなし」

この生徒は、むだばなしによーく乗ってきて、話がそれすぎちゃうことも多々ありますけど。。
そのくらいの子の方が、感性ゆたかな演奏します。

じゃ、私って、どんな生徒だったでしょ?

全く乗らない生徒だったと思います(汗・・・・
いろんな子供がいるわけで。。。。

でも、そんな子供でも、大人になって、じょうずに話を引き出す聞き上手にはなれるから、
だいじょうぶですよー
ハート
スポンサーサイト

プロフィール

ピアノの先生

Author:ピアノの先生
3人の息子と3人のお嫁さん、そして、4人の孫を持つピアノばーばです。

多くの子供達、お母様方との出会いの経験から、1人1人の個性に合ったピアノ指導と共に、独りよがりにならない音楽性や人間性を育てるよう心がけて指導しています。
自らもまだ学び中です。

音楽之友社発行「ムジカノーヴァ」にて、
07’7月号「ピアノの先生の社会見学」
08'8月号「音楽にまつわるお酒」
10'8月号「発表会の記念品におすすめ・お取り寄せスイーツ徹底調査」
10’10月号「わかった!できた!この指導法効果あり」
10’11月号、11'3月号「こんな曲、あったらいいな。ピアノの先生の夢叶えます」に取材・企画協力しました。

2011年は7月号から11月号まで、同誌に「おとのかいだん」を執筆しました。
2012年も、新シリーズを執筆すべく鋭意準備中。

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。