05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねこふんじゃった

ある生徒さんが、おけいこに来るなり、こう言いました。

「せんせい、ネコふんじゃった、ひいてもいいですか?」

私「はい、もちろんいいよ。弾いてごらん」

ネコふんじゃった、って、おけいこに来て、遊んで弾いてはいけない、と思ったのかな?その生徒さん、とても、お行儀の良い、ネコふんじゃった、を弾きました。

私「ネコ、好き?」

「うん。。。でも、大きいのは、コワイ」

私「じゃ、今度は、大きくてコワイネコふんじゃった、を弾いてみよう!」

生徒さんは、ピアノの左の方に移動して、低い音で、ちょっと乱暴に弾きました。(よしよし、その調子)

私「今度は、可愛い生まれたてのネコちゃん」

右に移って、高い音で、キャンキャン弾きました。

私「ちびっこネコだから、そんなに大きな声では、鳴けないかもよ。もっと、ミュウミュウ、ってちっちゃな声にしてごらん」

と?ってもPP(ピアニッシモ)で可愛いネコふんじゃった、を弾く事ができましたよ。

こうやって、一つの曲で、いろいろなイメージを膨らませておけば、もう少し年齢が進んで、「題名のない曲」を弾くようになった時でも「ドラネコのソナチネ」や「優しいお母さんネコのソナチネ」と、色々なイメージを持って、「音のかたまり」じゃない「おんがく」ができるようになるかなー、なんて思います。
スポンサーサイト

プロフィール

ピアノの先生

Author:ピアノの先生
3人の息子と3人のお嫁さん、そして、4人の孫を持つピアノばーばです。

多くの子供達、お母様方との出会いの経験から、1人1人の個性に合ったピアノ指導と共に、独りよがりにならない音楽性や人間性を育てるよう心がけて指導しています。
自らもまだ学び中です。

音楽之友社発行「ムジカノーヴァ」にて、
07’7月号「ピアノの先生の社会見学」
08'8月号「音楽にまつわるお酒」
10'8月号「発表会の記念品におすすめ・お取り寄せスイーツ徹底調査」
10’10月号「わかった!できた!この指導法効果あり」
10’11月号、11'3月号「こんな曲、あったらいいな。ピアノの先生の夢叶えます」に取材・企画協力しました。

2011年は7月号から11月号まで、同誌に「おとのかいだん」を執筆しました。
2012年も、新シリーズを執筆すべく鋭意準備中。

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。