06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発表会が終わりました。

プログラム


午後から、雨模様になってしまいましたが、無事に発表会を終えることが
できました。

応援してくださったご家庭のみなさま、聴きにきてくださったお友達たち、
スタッフとして活躍してくれた友人、元生徒たちに感謝します。




いつも
「プログラムがとても素敵です」とほめていただきます。
ありがとうございます。

打ち込みやデザインは自分でしています。
でも、B4サイズの印刷は普通の家庭のプリンタでは出来ません。
ずっと一緒に発表会をしていた大学時代の友人Iさんご夫妻(特にパパさん)が
ノーギャラで、してくださいます。
しかも、私の送るデーターはいつも〆切ぎりぎり?というか
〆切なんて、ないので、すごく遅い。

「ワード、で送ってください」と言われるのに
「エクセルファイル」で送ったり・・・(その方が素人には楽なので)

ほんとうにありがとうございます。

数年前から、発表会には「招待状」を作って、
「お友達を誘うよう」言っていますが。
これも、元はと言えば・・・

プログラムがギリギリにならないと作れないため、
「おじいちゃん、おばあちゃんや、お友達を誘うのに不便」にならないようはじめた
ことなのです。

でも、この招待状のおかげで、いつもたくさんの方に聴きにきていただき、
私も生徒も励みになっています。

発表会は、レッスンの仕上げ、ではあるけれど、ただの自己満足で
終わっていいとは思わないです。
やはり聴いてくださる人がいて、そのために進行や、構成を考えて、
練習をコツコツと積み重ねて、意識を高めていく、のが良いと思います。

それが、上達にもつながると思います。

さて

その進行ですが。。。。

今回は、3時間半に収めようと思いましたが、結局収まらず・・・・
4時間強かかってしまいました。
最後まで文句も言わず、おつき合いいただき、本当にありがとうございました。

この反省は、次回に活かせるよう。。。。
自分自身のメモになるかも知れませんが

次回のblogで、考察してみようと思います。



これが「プログラム」の内容です。
スポンサーサイト

プロフィール

ピアノの先生

Author:ピアノの先生
3人の息子と3人のお嫁さん、そして、4人の孫を持つピアノばーばです。

多くの子供達、お母様方との出会いの経験から、1人1人の個性に合ったピアノ指導と共に、独りよがりにならない音楽性や人間性を育てるよう心がけて指導しています。
自らもまだ学び中です。

音楽之友社発行「ムジカノーヴァ」にて、
07’7月号「ピアノの先生の社会見学」
08'8月号「音楽にまつわるお酒」
10'8月号「発表会の記念品におすすめ・お取り寄せスイーツ徹底調査」
10’10月号「わかった!できた!この指導法効果あり」
10’11月号、11'3月号「こんな曲、あったらいいな。ピアノの先生の夢叶えます」に取材・企画協力しました。

2011年は7月号から11月号まで、同誌に「おとのかいだん」を執筆しました。
2012年も、新シリーズを執筆すべく鋭意準備中。

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。