06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピティナ・ピアノステップのお知らせ

以前、プリントなどで、お知らせした方は二重のお知らせになります事をご了承ください

昨年同様、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)主催のピアノステップという「講評つきミニ発表会」のチラシをレッスン時にお渡しします。

講評付きのミニ発表会と言った感じに捉えていただけると良いかと思います。
特徴は、今使っている「ピアノランド」「オルガンピアノの本」「トンプソン」「ブルグミュラー」「チェルニー」「バスティン」などを課題曲に使えること。自由曲はクラシックに限らず、ポピュラー、アニメなど、市販されている楽譜なら、なんでもOKということです。
また自由曲はお友達、兄弟、お母様との連弾でも良いし、伴奏君を使ったミュージックデータの伴奏での演奏もOKです(私のレッスン室にもおいてある伴奏用のフロッピーです)
私の教室では昨年は5人の生徒さんが参加されました。

1年間に2?3回、このような機会があります。
最近は参加人数もとても多く、少人数の生徒さんしか持たない先生が発表会代わりに生徒さんを参加させたり、はたまた発表会の予行演習代わり、コンクールの練習、とすごくレベルにもばらつきがあります。
趣味でピアノを続けている大人の方も参加なさいます。
同学年の人が同じ時間帯に同じ様な曲を弾くので、聴き比べることもとても参考になると思います。

会場はYAMAHAのお店のとても良いピアノの置いてあるサロンや大きなホールです。
講評者の先生は経歴も経験豊かな方です。

みんな同じ先生に習っているピアノ教室の発表会とは違った新鮮さや緊張感、逆に知っている人が聴いていない?リラックス感?もあるかと思います。
半日以上は拘束されますし、お金もかかることなので、全く強制ではありませんので、参考までに、と思いました。(受講料は、私が指導者会員なので、それぞれ1000円だけ割引になります)
レベルでいうと、初歩のピアノランド、オルガンピアノが導入1?3くらい。
ブルグミュラーで基礎1?3?応用1くらいになると思います。

今年は、教室の発表会がない年ですし、ご希望の方は、積極的に
参加されると良いと思います。

詳しい事をお知りになりたいかたは、私にお尋ねくださるか、同協会のHPをごらんください。
(ステップのページ?アドバイザーの先生一覧の所の写真に載っている生徒さんはうちのお教室のKちゃんです)
スポンサーサイト

プロフィール

ピアノの先生

Author:ピアノの先生
3人の息子と3人のお嫁さん、そして、4人の孫を持つピアノばーばです。

多くの子供達、お母様方との出会いの経験から、1人1人の個性に合ったピアノ指導と共に、独りよがりにならない音楽性や人間性を育てるよう心がけて指導しています。
自らもまだ学び中です。

音楽之友社発行「ムジカノーヴァ」にて、
07’7月号「ピアノの先生の社会見学」
08'8月号「音楽にまつわるお酒」
10'8月号「発表会の記念品におすすめ・お取り寄せスイーツ徹底調査」
10’10月号「わかった!できた!この指導法効果あり」
10’11月号、11'3月号「こんな曲、あったらいいな。ピアノの先生の夢叶えます」に取材・企画協力しました。

2011年は7月号から11月号まで、同誌に「おとのかいだん」を執筆しました。
2012年も、新シリーズを執筆すべく鋭意準備中。

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。