08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心にひびく

12月にやる「ほぼ100%あそび」の「あそぼう会」などなどの
お知らせをお配りしています。

「あそぼう会」は、クリスマスより日程になってしまったので、
「クリスマス会」じゃなくなりました!

生徒のみんな、遊びにきてくださいね。

osirase



先日、ピティナ・ピアノステップに3人の生徒が参加したので、
聴きに行って来ました。

今回の会場は、例年参加している子が

「この場所、きんちょうするーー」という小さなヤマハのライブホールでした。

ステップにしても、隣の区のジュニアコンサートにしても、
参加する子には、いつも

「すごいねーー」と言うのですが、

リハーサル無し
一時間近くも、客席に座って(ある時は、楽譜も持たせてもらえません)
他の人の演奏を聴き
そして、

さあ、自分の出番です。

このプレッシャーの中での演奏、偉いです。
私だったら、緊張でガクガクです。

しかも、今回の小さなホールだと、
すぐ、そこに、お客様ですから。

何回も、何回も、何回も、言ってますけど

この経験が、ピアノとは全く別の場であろうと、
人間としての、経験値(ゲームみたい)になっていくと、思います。
これは、確信を持っていえます。

何事も「井の中の蛙」にならないためにも。
先生も。です。


さて、よその生徒さんの演奏を聴くのも楽しみなんですが。

「ピアノを習い始めて半年です」なんて、お子さんが
ブルグミュラーの「貴婦人の乗馬」なんかを一見すごく上手ふうに
早いテンポで弾くのを聴くと

「いったい、どうやったらこんな短期間で
この曲が弾けるの?
ちゃんと身に付いているんだろうか?」と
感心したり、懐疑してり、してしまう中・・・

(でも、こういう人がいっぱい いました)

中学生と思われる少女が、シンプルな、それほど難しくないソナチネと、
CMに流れている坂本龍一の曲を弾きました。

達者に速いテンポ、すごく良く動く指、で、弾いたわけでは
ありません。
もちろんある程度、弾きこんでよく練習できている演奏でした。

でも、とーーーっても心に響く演奏でした。
私には、そのブロックの中では、名演だったと思います。
点数の付けられない名演。

ほんとうに、その曲が「好き」
ピアノを弾くことが「好き」

が、伝わってきました。

私の生徒にも、こういう演奏をしてほしいと、すごく思いました。

私自身も、こういう演奏が出来るようになりたい、と思いました。

そして、なによりも、私の生徒や、ご家族が
「こういう演奏の素敵さ、に気づくひと」になってほしい、と
思いました。









スポンサーサイト

プロフィール

ピアノの先生

Author:ピアノの先生
3人の息子と3人のお嫁さん、そして、4人の孫を持つピアノばーばです。

多くの子供達、お母様方との出会いの経験から、1人1人の個性に合ったピアノ指導と共に、独りよがりにならない音楽性や人間性を育てるよう心がけて指導しています。
自らもまだ学び中です。

音楽之友社発行「ムジカノーヴァ」にて、
07’7月号「ピアノの先生の社会見学」
08'8月号「音楽にまつわるお酒」
10'8月号「発表会の記念品におすすめ・お取り寄せスイーツ徹底調査」
10’10月号「わかった!できた!この指導法効果あり」
10’11月号、11'3月号「こんな曲、あったらいいな。ピアノの先生の夢叶えます」に取材・企画協力しました。

2011年は7月号から11月号まで、同誌に「おとのかいだん」を執筆しました。
2012年も、新シリーズを執筆すべく鋭意準備中。

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。