05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シッポを折らないでね

昨日も、今日も、猛烈に暑かったですね。

うちの2階ときたら、必要以上に広いベランダの照り返しもあってか、
殺人的に暑いです。


下にいる母は、さすがにエアコンをつけてお昼寝してます。

で、私は、1人で2階のエアコンをつけるのは、なんかもったいない気がするので
(でも、そんな事言ってる間に体調が悪くなってしまいますよね)
外にお出かけして涼んだり? ピアノの部屋で正々堂々とエアコンを
付けて、ピアノの練習しました。



下の記事に書いたことで


「たったの16小節、止まらないで弾くことを目標にするなんて。
ずいぶん低い目標だなあ!」

と、思われましたか?


でも、現実には、

「弾き直す必要、つっかえる必然、が、ないのに、
 しょっちゅう止まってしまう。」


そういう子がいます。


うんとゆっくり丁寧に、気持ちを落ち着けて、弾けば、
いいんだよ、と言うのですが、その

「ゆっくり、丁寧に」が出来ないんですね。


習いたての時期、弾く曲がもっともっと短くて、簡単に思えた頃の私の指導が
悪かったのでしょうか?

もっと、厳しくゆっくり丁寧に、が出来る子にしておかなくては
いけなかったのです。

反省してます・・・・


でも、落ち着いて、弾き通せる子もたくさんいます。


何が違うんだろう??

その子の持って生まれた性格もあるのかなあ?



どうしても、つっかえ弾きをしてしまう子、それがなかなか直らない子、は、
私の話を最後まで聞けない、「お話のシッポ」までちゃんと聞かないで、
シッポを折ってしまう子が多いように思います。

言い方を変えると落ち着きがない。。。。



まだ、年齢の低い子供の場合は、仕方ないですけれど。。。。

中学生くらいになって、レッスン中に私がピアノに関する話しをしているのに
「手遊びをするように・・・ピアノで何か弾いている」のって、
とっても失礼です。


「まだ、先生がお話ししているのに、なぜ遊び弾きするの?
そういう事って、とても失礼な事だから、やめようよ」

そう注意しても、もう、クセになっちゃってる?
また、同じことの繰り返し。


おうちでも、学校でも、話しを最後まで聞いていないのかな?
(お母さんが、最後までお話を聞いてくれないのかな?
いつもたたみかけるように、何かを言われているのかな?)


私のレッスン室では、出来る限り、出来る限り、

お話のしっぽ  も
音のしっぽ  も    最後まで聞けるように、指導していきます。



でも、なぜか


そういう注意をされちゃう子の方が、

音楽的な表現が豊かな事が多いです。


周りを気にせず、のびのびと、思うように弾いているからでしょうか。



この子達に、

「ゆっくりていねいに弾く」こと

「音のしっぽ、お話のシッポ、を最後まで聞く」ことばかり強制していたら、


のびのびとした(良くも悪くも)自己中心が、
消えてしまうのかしらん?


気持ちを押さえつけられたような弾き方は
して欲しくないし、

でも、最後までちゃんと話しは聞いて、
考えた演奏をしてほしいし。。


どうしたものでしょう。











スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピアノの先生

Author:ピアノの先生
3人の息子と3人のお嫁さん、そして、4人の孫を持つピアノばーばです。

多くの子供達、お母様方との出会いの経験から、1人1人の個性に合ったピアノ指導と共に、独りよがりにならない音楽性や人間性を育てるよう心がけて指導しています。
自らもまだ学び中です。

音楽之友社発行「ムジカノーヴァ」にて、
07’7月号「ピアノの先生の社会見学」
08'8月号「音楽にまつわるお酒」
10'8月号「発表会の記念品におすすめ・お取り寄せスイーツ徹底調査」
10’10月号「わかった!できた!この指導法効果あり」
10’11月号、11'3月号「こんな曲、あったらいいな。ピアノの先生の夢叶えます」に取材・企画協力しました。

2011年は7月号から11月号まで、同誌に「おとのかいだん」を執筆しました。
2012年も、新シリーズを執筆すべく鋭意準備中。

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。