04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もんしん 問診

ピアノのレッスンに来ると、まず、みんなは何をするでしょう?

来たとたんに、やりたい事が決まっている子もいます!


一週間練習してきた曲や、自分の遊びで弾いてた曲を
弾きたくて弾きたくて、さっとピアノの前に座る子。

(そういう子は、たまたま私が部屋を中座しちゃっていない所に
やってきても、自分でドンドン弾いています。
反対に、私がいなかったら所在なさそうーにしてる子も・・・)


読めるようになってきた「おんぷカード」をやりたい男の子。
部屋に入ったとたんに「おんぷカード出して!」と
さいそくします


苦労して書いたドリルを見せたい子

学校や、友だちの話を聞かせたい子


今、ここでやりたい事が決まっている人は、それを優先してあげます。
あ、もちろんピアノ(音楽)の事で、ですよ。



でも・・・
どちらと言うと、そういう子の方が少なくて、
みんなおとなしくレッスン室のテーブルの前にドカっと座って

「つかれた~」(先生のいえ、坂を上ってくるのが、疲れるのね


おとなしい人にも、やりたい事をすぐやりだしてしまう人にも、

「問診(もんしん)」をちょっとしましょう。

「今週の宿題で、一番気に入って練習できたのはどれ?」
      ↓
「うまく弾けなかったのは、どれ?
 どうして、うまく弾けなかったんだろうね~?」


「今日は、どういう順番で弾いてもいいよー」
         ↓
「どうして、その順番で弾きたいの?」


これは、いつも最初にするとは、限らないです。

レッスンの途中でも

「この曲、今週は何に気をつけて、練習したかなあ」

「この曲の、一番好きなところは、どこかな~?」


ただただ、むやみやたらに弾くのが、ピアノを弾くっていう事じゃありません。

いっぱい考えたり、いっぱい話したり、ときどき、動いたり・・・


それが、また、「どうしてかな~?」と考えて弾くことにつながっていきます。

お医者様でも、聞き上手な、お話上手なお医者様に見てもらうと、
ちょっとした薬よりも、病気に効くような気がしますね。

みんなの身体や、心や、のうみその引き出しをいっぱい開けて、
引っぱり出せるように、いつも「もんしん」をたくさん出来るピアノの先生でいるように、
心がけています。














スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピアノの先生

Author:ピアノの先生
3人の息子と3人のお嫁さん、そして、4人の孫を持つピアノばーばです。

多くの子供達、お母様方との出会いの経験から、1人1人の個性に合ったピアノ指導と共に、独りよがりにならない音楽性や人間性を育てるよう心がけて指導しています。
自らもまだ学び中です。

音楽之友社発行「ムジカノーヴァ」にて、
07’7月号「ピアノの先生の社会見学」
08'8月号「音楽にまつわるお酒」
10'8月号「発表会の記念品におすすめ・お取り寄せスイーツ徹底調査」
10’10月号「わかった!できた!この指導法効果あり」
10’11月号、11'3月号「こんな曲、あったらいいな。ピアノの先生の夢叶えます」に取材・企画協力しました。

2011年は7月号から11月号まで、同誌に「おとのかいだん」を執筆しました。
2012年も、新シリーズを執筆すべく鋭意準備中。

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。