08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうございました

昨日は、長年の友人である歌の先生のコンサートが
ありました。

私もソロを4曲、歌の伴奏を4曲(実際は、声の調子が悪くて3曲しか
歌われませんでしたが)チェロの伴奏3曲、連弾3曲、と
私には多すぎる負担で
悔いの残る演奏もありましたけれど、良いピアノで、気持ち良く弾くことが
出来ました。

聴きにきてくださったお母様方ありがとうございます。

歌のお教室の空気そのものの、えらーくにぎやかなコンサートでしたが、
皆さんが盛り上がり、楽しんでくださっていたので嬉しかったです。

ただ、ややマナー違反もあり・・・

コンサートや、発表会って、指導する人関わる人の個性そのものが
あらわれるので、
そういう意味では、これは私の個性ではないぞよ。
って思ったりもしましたが。

あんなに楽しそうになさっていたので、良しとしましょうか。
ハラハラしてくださった方には、お詫びいたします。


ピアノは、教えるだけでなく弾くことも大好きなので、
これからも自分の練習時間や、勉強に行く時間は確保したい、
いつも学んでいたいと思っています。


そう言いながら
ちっとも上手になりませんが、
これからも機会があったら、聴きにいらしてくださいね。




スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピアノの先生

Author:ピアノの先生
3人の息子と3人のお嫁さん、そして、4人の孫を持つピアノばーばです。

多くの子供達、お母様方との出会いの経験から、1人1人の個性に合ったピアノ指導と共に、独りよがりにならない音楽性や人間性を育てるよう心がけて指導しています。
自らもまだ学び中です。

音楽之友社発行「ムジカノーヴァ」にて、
07’7月号「ピアノの先生の社会見学」
08'8月号「音楽にまつわるお酒」
10'8月号「発表会の記念品におすすめ・お取り寄せスイーツ徹底調査」
10’10月号「わかった!できた!この指導法効果あり」
10’11月号、11'3月号「こんな曲、あったらいいな。ピアノの先生の夢叶えます」に取材・企画協力しました。

2011年は7月号から11月号まで、同誌に「おとのかいだん」を執筆しました。
2012年も、新シリーズを執筆すべく鋭意準備中。

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。