04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大変な地震

とても大変な日から二日たちました。

もうすぐレッスン、という時間に地震はおきました。

学校では、まだ授業中だったり、ちょうど家に帰りついた頃だったのですね。
怖かったですね。

家の電話も、携帯もつながりません。

直後の停電がおさまって、テレビをつけたら、
とても大きな地震だということがわかりました。

いちおう「レッスンはお休みしましょう」というメールを送りましたが、
そのメールのやりとりも、何時間も誤差がありましたね。
でも、おうちで判断してレッスンはお休みしてくれました。
心配で外に出せませんでしたよね。


土曜日のレッスンもご家庭の判断に任せましたが、
結局、夕方の一人だけレッスンしました。
不安でおうちでみんなで一緒にいたかったですよね。
お母さんの中には、外に出ていて何時間もかけて
歩いて家に帰ったと言う人が何人かいらっしゃいました。
家で待っていた子どもたちも不安だったでしょう。


日曜日の今日、何人かの振り替えレッスンをしました。
今日、来られなかった人は、春休みに振り替えをしようと
思います。


今日、レッスンでは、あらためて

「ピアノの部屋で大きくゆれたら、かくれるところ、逃げる場所」を
確認しました。

ピアノのそばはとても危険なのです。
グランドピアノは3本しか足のない不安定なものです。
家庭のアップライトもものすごく重いものです。

阪神大震災でも、おうちのピアノが「ダンプカーのように部屋を走ってきた」
と聞きました。
早くピアノのそばから、逃げるように!と念を押しました。

私が、大学で教師になる勉強をしていた時に習った教育法の先生が
「皆さんが、音楽教師になって、音楽室で地震が来たら、
生徒をピアノのそばに来させたり、ピアノの下にもぐらせたりしては
ぜったいいけません!」と教えてくださったのが、いまでも一番印象に残っている
授業風景の一つです。



夫は宮城県栗原市の出身なので、義母はそこで施設に入っています。
まだ全く連絡がとれません。
新しい平屋の建物なので、職員もいるし、心配ないと思うのですが。

ですから、わたしにとって、宮城は、とても身近な県。
これ以上、被害が大きくならないように、一日も早くライフラインが
復旧するように、祈るばかりです。












スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピアノの先生

Author:ピアノの先生
3人の息子と3人のお嫁さん、そして、4人の孫を持つピアノばーばです。

多くの子供達、お母様方との出会いの経験から、1人1人の個性に合ったピアノ指導と共に、独りよがりにならない音楽性や人間性を育てるよう心がけて指導しています。
自らもまだ学び中です。

音楽之友社発行「ムジカノーヴァ」にて、
07’7月号「ピアノの先生の社会見学」
08'8月号「音楽にまつわるお酒」
10'8月号「発表会の記念品におすすめ・お取り寄せスイーツ徹底調査」
10’10月号「わかった!できた!この指導法効果あり」
10’11月号、11'3月号「こんな曲、あったらいいな。ピアノの先生の夢叶えます」に取材・企画協力しました。

2011年は7月号から11月号まで、同誌に「おとのかいだん」を執筆しました。
2012年も、新シリーズを執筆すべく鋭意準備中。

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。