05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

注意一秒けが一ヶ月

二週間前の火曜日

急な大雪のあと、うちのまわりには雪がいっぱい残っていたけれど、
とても良く晴れて、真っ白い雪が明るい日差しにキラキラかがやいて
いました


午前中は、二人の大人のひとのレッスンをして、二人目の人を
玄関に送りだした時、あまりの明るさにウキウキ

さて、洗濯物をベランダに干そう!と
まだ雪のけっこう残ったベランダに普通のベランダサンダルで出て、
大物もあったので、物干し竿のたくさんの水滴を雑巾で
バシャっと、拭き去ろうと右手を大きく竿の左はしに伸ばしたとたん

左肩から、滑って転げました。

うちのベランダは雪のあとや、真冬の朝、朝露が凍ってとってもすべります。
私が、そのことは家族の誰よりもわかっているのに。

いつもだったら、ちりとりで雪を下にはらったり、
長靴を持ち込んで歩くのに

あまりの痛さに「肩がこわれたー」と思いました。
数分間、そのまま座り込んでました・・
事の重大さを色々考えた・・・


グシャグシャにぬれた上下をやっとの思いで着替え、
おちついてみると、手指は動く、
骨折すると吐き気がするほど具合悪いと、言いますが
動かさないで、ワキの下につけておけば痛みはない、

パソコンで、近所に出来た接骨院の休業日や診療時間を
調べ、
「明日の朝一番でも大丈夫かも」と思いながら
午後から夜まで7人教えました。

生徒には
「さっきベランダで転んで、左肩が動かないから、左はひかないからねー」
なんて言いながらね。

夜も、冷や汗をかきながら服を着替え、お風呂にも入り、
まあまあ眠れ、(何もしなければ激痛はなかったので)


しかし、
ヒトには絶対さわられたくないくらい触れられたら痛い!
着る物がなく、夫のシャツを借りたのはいいけれど
ヒーターの前で、何回も立ち往生しながら、
やっと服を着て

接骨院ではなくレントゲンを撮ってくれる整形外科へ

しかも、この日は自分のレッスン日でした
みっともなくも、師匠にお断りをし

そして、結果的には骨折で全治一ヶ月と言われた。。。。という
ここ2週間の顛末でした。


今週のレントゲンでは
「予定通りの様子。すくなくともあと1週間か、10日は三角巾で
固定してください」
「あとちょっとだからがんばってね」
「肘から先は動かして良いですよ」
と、言われました。


今週に入って、着替えもだいぶ楽になり、
痛みも(グキっていうのも)ほとんど感じなくなりました。

でも、まだ、顔は両手で洗えません。
(手は、顔まで届くようになりましたが、動かすのは怖くて
出来ないです)

もちろん髪も右手だけで洗います。
これは、もうしばらく、当分?無理かもね。

簡単な家事はずいぶん出来るようになりましたが。。。
ほとんど何もやらないクセがついたので、
これは、ずっとこれでいいかしらん?


とてもつらいのは、肩から吊っていることと、
左手をほとんど使わないことでおこる肩こりと冷え

特に、月、火と前日と季節が二つくらい違う気温差ですから
すごくつらいです。

仕事中ずっと
「お風呂に入りたいよー」と思っていました。

怪我をしてからは、毎朝、あたためるために、
お湯で手浴をしています。

良い香りのアロマオイルも入れると気持ちいいですよー



今週に入って、一人の時は、三角巾は外しているのですが、
レッスン中は、固定していないと、つい釣られて余計な動きを
してしまうし、

外出するときは、三角巾で目立つようにしておかないと、
急にぶつかったりされるとコワイので必須です。
どうしても、動作も遅くなってしまうので、
「甘えているわけではないけれど」

「怪我をしています」というアピールは、しておいたほうが
自分にも、周囲にも、優しい、と思います。


具合の悪くないところをたくさん動かして、血流を良くし、
凝りをとりたいと思いますが。。。

毎日寒いよー


長くなりましたが

近況でした!







スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピアノの先生

Author:ピアノの先生
3人の息子と3人のお嫁さん、そして、4人の孫を持つピアノばーばです。

多くの子供達、お母様方との出会いの経験から、1人1人の個性に合ったピアノ指導と共に、独りよがりにならない音楽性や人間性を育てるよう心がけて指導しています。
自らもまだ学び中です。

音楽之友社発行「ムジカノーヴァ」にて、
07’7月号「ピアノの先生の社会見学」
08'8月号「音楽にまつわるお酒」
10'8月号「発表会の記念品におすすめ・お取り寄せスイーツ徹底調査」
10’10月号「わかった!できた!この指導法効果あり」
10’11月号、11'3月号「こんな曲、あったらいいな。ピアノの先生の夢叶えます」に取材・企画協力しました。

2011年は7月号から11月号まで、同誌に「おとのかいだん」を執筆しました。
2012年も、新シリーズを執筆すべく鋭意準備中。

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。