08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍節感・続き

等しい間隔でテンポを刻むのが苦手な生徒さんに色々な方法を試します。

等しいテンポで・・・というと、メトロノームをかけることが思い浮かびますが、経験者ならおわかりでしょうが、メトロノームをカチコチかけながら、ピアノを弾くことはとても難しいことです。

私はまず歌を歌いながら、メトロノームに合わせてみます。
言葉のついた良く知っている歌でも良いし、これから宿題にしようと
思っている練習曲の一節でも良いし。
これも慣れないと難しいですよ。
でも、遊び感覚で楽しみます。
そうやって、テンポを揃えることに慣れさせます。

もう一つよくやるのが、指の体操をしながら、
メトロノームをかけることです。

指の体操1


キラキラ星の歌を歌いながら、指の体操をしています。
1の指と2の指で丸い輪を作っています(一拍目です)

二拍めは、1と3の指です。

そして、三拍目は1と4の指、というように指と指と合わせます。
4の指は難しそう??

指の体操2



四拍目は1と5の指です。


指の体操3



ゆっくりメトロノームに合わせながら、やっていきます。
最初は、指すらも動かない場合もあるけれど、毎週のようにやっていると、すぐに動きがスムーズになります。

慣れたら、好きな場所にメトロノームのテンポを合わせさせてあげます。
速くしたり・・・?ゆっくりなら簡単かと思うらしく<遅いテンポにしたりするけれど・・・・
どっこい、遅いテンポに合わせるのって難しい!

お家でも、電子ピアノのメトロノーム機能に合わせたり、カード式の気軽なメトロノームを用意して、遊んでみられたら如何でしょう?
スポンサーサイト

プロフィール

ピアノの先生

Author:ピアノの先生
3人の息子と3人のお嫁さん、そして、4人の孫を持つピアノばーばです。

多くの子供達、お母様方との出会いの経験から、1人1人の個性に合ったピアノ指導と共に、独りよがりにならない音楽性や人間性を育てるよう心がけて指導しています。
自らもまだ学び中です。

音楽之友社発行「ムジカノーヴァ」にて、
07’7月号「ピアノの先生の社会見学」
08'8月号「音楽にまつわるお酒」
10'8月号「発表会の記念品におすすめ・お取り寄せスイーツ徹底調査」
10’10月号「わかった!できた!この指導法効果あり」
10’11月号、11'3月号「こんな曲、あったらいいな。ピアノの先生の夢叶えます」に取材・企画協力しました。

2011年は7月号から11月号まで、同誌に「おとのかいだん」を執筆しました。
2012年も、新シリーズを執筆すべく鋭意準備中。

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。