05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすぐクリスマス

w


ずいぶん寒くなったと思ったら今度はおなかの風邪をひいてしまい、
一日だけレッスンをお休みしてしまいました。


ゆっくり休ませていただいたおかげで、良くなりましたが、
昨日、今日あたりから、今度は

「風邪をひいたようなので、レッスンをお休みします・・・」
という人がちらほら出てきてしまいました。


暮れにやるお楽しみ会の準備や、春の発表会の選曲に集中していたら、
あっという間に12月も20日を過ぎてしまってます。


やっと発表会の曲の選曲もほぼ終わり(小さい人には、まだ言い渡していませんが)

せっかくお楽しみ会で、大勢集まるから、その時に発表会の歌やチャイムの練習も
少ししとこう~~と思っています。
(準備間に合うかな??)


今日は、私が歌いに行っている合唱団が、ときどき練習場所に使っている

横浜市イギリス館のクリスマスデコレーションを飾ってみます。

だいたい毎年この時期の練習で、イギリス館や周囲の洋館のデコレーションを
見るだけで、とってもとっても暖かで、豊かな気持ちになります。
これで、クリスマスはじゅうぶん味わった~~


z



1階のホールでの練習の前に、館内を見て歩いて、写真を撮りまくったのですが。

館自体は9時から使えるのですが、2階のデコレーションは9時半から
見ることが出来るのだったそうで。。。
あとで、知ったんだもの。


私は、その前の9時15分くらいに勝手知ったる2階のお部屋のドアを
全部開けて、ゆっくり見学してしまいました。


9時半になって2階に上がった事務所の人が

「もう開いてる~~!!」ってびっくりしていました。
ごめんなさい。




s


皆さんにも、少しクリスマスの気分が味わっていただけたでしょうか?











スポンサーサイト

暑いのと、寒いのと どっちが好きですか?




部屋の中だけ、クリスマス気分。

この紙袋を見た生徒が

「せんせい、すごく暑いのと、すごく寒いのでは、
どっちががまんできますか?」

「どちらも嫌いだけど・・・強いて言えば、
真冬の寒さの方がまだマシかしらん?」


大人にはあまり関係ないけれど、冬の方が、なんだかまわりの子供たちも
嬉しそうだし。
嬉しそうな子供たちを見るのは楽しいし。

やはり「すごく寒い」方に少し軍配があがります。



クリスマス、といえば

毎年、レッスン室や、玄関の鉢植えをクリスマスっぽくしたついでに
この時期だけ、ピアノの勉強用もクリスマス仕様のエンピツに取り替えます。
前にみんなにあげた残りのクリスマス柄のエンピツが何本も残っていたので、
いつも、この時期だけ、出します。

26日になったら、さっさとしまう。

そして、また次の年の11月頃に出す。

こういう所には、ヘンなこだわりがあって、季節はずれのもんは、
気持ち悪いんです。

今日、そのエンピツを使いながら、高校生生徒との会話

「こういう見た目の可愛いのって、あんがい質が悪いよね」

「硬いから、♪を書くには向かないですね。」

可愛くて、品質も良い・・・そういう物を子供たちには
探してあげよっと。

それは、音楽も同じ。













台風後日談

台風の翌日

「うちの庭に巨大な(40㎝×3Mくらい)のトタンが飛んできた!」と
会う人会う人に言ってました。

けど、その巨大な物体は自分のうちのピアノの部屋の屋根の一部でした

近所にも同じような被害にあったおうちがあって、
その家に来た板金屋さんが教えてくれました。

ほうっておいて、ピアノの上に雨漏りしたら大変。

さっそく今日直しに来てくれました。
午前中のレッスン中に頭の上でトンカントンカン・・・
しっかし防水シートも補強して直してもらえました。

これで、ひとあんしん。

台風

今年は、自然災害の多い年です。

また大きな台風がやってきました。
みんな、学校はどうしたかな?

今日は、小学生の少ない日なので皆振り替えてしまいました。

思わぬ時間が出来たのでいつもより(少しだけ)ちゃんとご飯の支度を
してます。

ピアノの先生は、「夜のおしごと」なので、だいたいは
お昼ご飯(時々朝ご飯)を食べながら夜ご飯の支度を途中まで
してしまいます。

だから、たまに夕方に何もなくて、まっとうな時間に
ご飯を作ると手順がヘンで、時間があるのに、いつもと同じどうでも良い料理しか
出来ません(これ、いいわけ)


ともかく

今日は、いくらかまともに秋らしい献立でご飯が作れる(予定)です。


お天気の悪いこんな日は、家でピアノをたくさん弾いてくださいね。

宿題の曲じゃなくたっていいんです。
楽譜をひっくり返して遊んでみましょう。

実りの秋

hagi2


いつまでも蒸し暑いですが、季節はちゃんと変わっていきます。

義母の具合が悪いので、宮城まで行ってきました。

夫の実家には、今はだれも生活していないのですが、
ちょっと荒れてしまった庭先に白い萩が花を咲かせていました。


sikibu2


ちょっとピンボケ紫式部



新幹線で行ったのですが、線路の両側は、福島から宮城に至るまで
ずっと黄金色の田圃が広がっています。

ちょうど昨日の朝、

今年のお米の放射性物質に異常がなかったので、
出荷、販売出来ることになりました、と
町の有線放送が流れていました。


実家のまわりも典型的なこめどころなので、
絵はがきのような、テレビ画面のような黄金の風景が
美しく広がっています。
今年も、このお米を食べることが出来るわけです。
良かったです。


でも、この美しい田園風景の向こうには、まだたくさんの
被災された方たちがいて、不自由な、不安な日を送っていることも
忘れてはいけません。

血のつながりのない親類には、まだ避難所にいる人もいます。

どうぞ、皆さんに出来るやり方で、困っている方たちを
援助する、支援する、
忘れないで思ってあげてくださいね。



わたしの100曲

9/13  80. 月夜のコロボックル&ドングリが踊ってる (平吉毅州)

9/14  81. Together(「ポケットモンスター・ダイヤモンド&パール」)




個人から個人への支援 ↓

かじはらかおるさん


そして


Toksy:被災者へ個人間で支援物資を送ろう!


それから


こどもの音楽再生基金

夏のおわり

tuki


中秋の月が、すごく綺麗でした。

夏の終わりになると、ものすごく蚊が発生します(うちの場合)

なぜか真夏の蚊より、今頃の蚊の方がうんとカユイ

ピアノの部屋にも訪れるので、昨日、今日は、隣の廊下に
蚊取り線香を置いてレッスン


線香臭くてごめんなさい~



わたしの100曲

9/12  78. 公園でのロンド(セヴラック)
      
      79. どうしてふとるのかしら?&お菓子のベルトコンベアー(湯山昭)





成長

家のまわりでは、今日から学校が始まりました。

月曜日、ちょうど一週間のスタート。
学校もスタートです。

とは言っても、今日はだいぶ暑かったです。


お天気の良い朝、ほんの小指の先ほどの大きさだったシシトウの子が
夕方改めてみると、

「もう摘みごろだよ!」の大きさになっていてビックリする事があります。


夏の子供たちも、そう、で。

特に中学生の子たちが、1~2週間の間に


「??!!」と思うくらい変わってる事があります。

ニョキっと大きくなってたり、
顔つきが変わってたり、
(今の子って膝から下が、すごく長い・・・)

とにかく空気が変わってます。

植物も人間も、日差しと温度で成長するんですね。

お母さんたちは、きっと毎日一緒にいるから、
私ほどは、

「なんだか、たった一週間で大人の顔になったよ!」

というほどの衝撃はおぼえないかもしれませんね。


そして、ちょっと遠く離れたおじいちゃん、おばあちゃんは
もっと間隔が空いて会うから、変わってるのも当たり前で
私の「ビックリ!」とは、ちょっと違うかも。。。


今年の夏も

この「なんだか~違う子がいるよー」っという衝撃に出会えました。
(中身は、まだかわいい中学生っこですけど)


だから、ピアノの先生という仕事が面白いです。


今日は、学校も午前中で終わりだったせいか、
前の公園で遊ぶ子がいつもより多く
レッスンの合間、合間に、にぎやかな声が聞こえていました。

子供の遊ぶ声を聞くの、とても好きです。



私の100曲


8/29   65.道化師(カバレフスキー)  66.つむぎ歌(ブルグミュラー18の練習曲より)











嬉しかったこと




今日、小さな可愛い手形を押したハガキが届きました。

6月にネットを通じて知った南三陸の保育所の先生と園児の皆さんからの
お礼のハガキでした。

大津波で全てが流されてしまった南三陸。

避難所のホテルにある保育所の子供たちに歌ってあげたり、弾いて聞かせてあげる
子供向きの楽譜が欲しい、との事だったので、うちに何冊もあるジブリや、ディズニー、
子供の歌、が載っている楽譜のきれいな物を何冊か送りました。

支援のために物資を送ることには、色々考える所があったのですが、
この場合は「保育園の先生が弾くための子供向けの楽譜」と
用途がはっきりしていたので、迷わず送ることができました。


震災後、5カ月経っていますが、まだまだ現地は問題がいっぱい、
支援されていない人、場所、物、たくさんあります。

時間が経つにつれ、問題はさらに深刻化してくる場合も多いのです。


そのために奔走している友だちもいます。↓


かおるさん


そんな中、届いた一枚の嬉しいハガキでした。











はしご

昨日は、レッスンはお休み(5週あるので一回おやすみ)

午後~夜と、好きな方々のコンサートのはしごをしました。

午後は、師匠の須江太郎先生が伴奏するテノール本田武久さんの
コンサート。

東神奈川のホールに。


以前も書きましたが、本田さんはとても難しい病気と闘いながら
演奏活動を続けています。
とても真面目な真摯な姿そのものの、素敵なコンサートでした。

以前と比べると、顔色など少しお悪いかなあ、と心配ですが。

一日でも長く歌っていられるように、と願っています。


その後、大人生徒さんと待ち合わせして、上野で久しぶりにエスニック料理を
いただき(コンサート前じゃなかったら、ビールなんか飲みたくなるような
暑さでしたが)


合唱団の亜子先生のリサイタルに上野の旧東京音楽学校奏楽堂に行きました。

上野の森深く奏楽堂の趣は、亜子先生にぴったりと思いますが、
外のセミの声、車の音などの伴奏もあり、

でも、
私にしてみたら、ものすごく日常でないピアノ弾きの姿と演奏を
聴くことができました。
そこには、亜子先生とピアノとシューベルトしかいません。

でも、
亜子先生がピアノに向かうときは、いつもそうなんだろうな、と
思いながら。


どちらのコンサートも、いつまでも、また聴きに行きたいコンサートでした。

ありがとうございました

昨日は、長年の友人である歌の先生のコンサートが
ありました。

私もソロを4曲、歌の伴奏を4曲(実際は、声の調子が悪くて3曲しか
歌われませんでしたが)チェロの伴奏3曲、連弾3曲、と
私には多すぎる負担で
悔いの残る演奏もありましたけれど、良いピアノで、気持ち良く弾くことが
出来ました。

聴きにきてくださったお母様方ありがとうございます。

歌のお教室の空気そのものの、えらーくにぎやかなコンサートでしたが、
皆さんが盛り上がり、楽しんでくださっていたので嬉しかったです。

ただ、ややマナー違反もあり・・・

コンサートや、発表会って、指導する人関わる人の個性そのものが
あらわれるので、
そういう意味では、これは私の個性ではないぞよ。
って思ったりもしましたが。

あんなに楽しそうになさっていたので、良しとしましょうか。
ハラハラしてくださった方には、お詫びいたします。


ピアノは、教えるだけでなく弾くことも大好きなので、
これからも自分の練習時間や、勉強に行く時間は確保したい、
いつも学んでいたいと思っています。


そう言いながら
ちっとも上手になりませんが、
これからも機会があったら、聴きにいらしてくださいね。




プロフィール

ピアノの先生

Author:ピアノの先生
3人の息子と3人のお嫁さん、そして、4人の孫を持つピアノばーばです。

多くの子供達、お母様方との出会いの経験から、1人1人の個性に合ったピアノ指導と共に、独りよがりにならない音楽性や人間性を育てるよう心がけて指導しています。
自らもまだ学び中です。

音楽之友社発行「ムジカノーヴァ」にて、
07’7月号「ピアノの先生の社会見学」
08'8月号「音楽にまつわるお酒」
10'8月号「発表会の記念品におすすめ・お取り寄せスイーツ徹底調査」
10’10月号「わかった!できた!この指導法効果あり」
10’11月号、11'3月号「こんな曲、あったらいいな。ピアノの先生の夢叶えます」に取材・企画協力しました。

2011年は7月号から11月号まで、同誌に「おとのかいだん」を執筆しました。
2012年も、新シリーズを執筆すべく鋭意準備中。

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。