09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blog移転のお知らせ

「坂の上のピアノ教室Blog」は
移転しました。

こちらを↓クリックしてください
坂の上のピアノ教室

今後とも、宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト

私からのプレゼント

kuri3.jpg


あっという間にクリスマスも通り過ぎてしまいました。

皆さんの所には、サンタさんは来たのでしょうか?!


私から、教室のみんなへのプレゼントは、クリスマスには間に合わなかったけれど、
「みんなで楽しくあそぼう会」です。

だいたい毎年クリスマス会をしていたのですが、去年は発表会がまさに「クリスマス」でしたので、
お遊びの会はしませんでした。
いつも楽しみにしている子達には

「春休みに遊ぼうね!」と言っていたのですが、震災がおきましたので、
春休みはそれどころではなく、ずっと延期になっていました。

今年は、満を持して?(おおげさ)のお楽しみ会です。

日程がGood!だったらしく小中学生のほとんどが出席できるようです。

準備も完了しました。

ピアノなど何もない町内会館を借りるので、

「ただの遊ぶ会だよ~~」って言ってはいますが、

そうは言いながらも、けっこうゲームで音楽の勉強させますのだ。


DSCN5172.jpg


レストランにも、行くし。。。??



DSCN5175.jpg


↑これは、今年の苦肉の作

ミュージック神経衰弱!!

色工作用紙で、手書きです。



ほかにも、ミュージックバスケット(フルーツバスケットもどき)

打楽器総動員のステレオゲーム

歌のステレオゲーム

あとは、こんなにベストメンバーが揃うのは、発表会のリハーサルでもあり得ないと思うので、
今から発表会の歌やトーンチャイムの練習をしてしまいます。

発表会間際は、ピアノを弾くことのレッスンに時間や手をかけたいので、
余計なことをするのは、あまり好きじゃないんです。

(と言いながらも、けっこう色々やってしまう)

この時期や、新年のまだあまりピアノが弾けていない時期のレッスンで、
発表会の「ピアノ以外」の事をやっておけば、あとあと楽ですよね!
我ながら良い考え。



DSCN5178.jpg



トーンチャイムは、うんと時間をかけないで、それでも十分に効果の得られる方法での
ハーモニー中心の合奏。


ゲームのテンションがあがる小道具


DSCN5180.jpg


お遊びなので、景品も種々雑多に用意


DSCN5184.jpg


DSCN5185.jpg



出陣です。



DSCN5186.jpg



来る予定にしてなかった人も、気が変わったらおいで~~





スタート

身内に不幸があって、少しレッスンをお休みしていました。


すっかり音楽から離れていましたが、少しずつ元に戻っていこうと
思います。
今日は、レッスンをお休みしてしまった人たちに連絡をして、
新たにレッスンの約束をしたり、確認のメールをしたりしました。


mi



発表会の事も少しずつ考えています。

12月に、音楽抜きの「あそぼう会」をするのですが
(自宅ではないので、楽器がありません)
そこに皆集まるわけだから、発表会の伏線になる何かを
練習してみようかなあ、なんて思っています。

今、考えているのは「がっしょう」と「トーンチャイム」
です。


今まで、発表会で「うた」を歌いながら、トーンチャイムでコード伴奏をしたり、と
「うた」はいつも歌っていましたが、合唱をした事はありません。

生徒たち、小学校の先生のご指導が素晴らしいので、特別に合唱クラブに
入っていない子でも、とても綺麗な頭声で歌う事ができます。

そこに、小学校を卒業してからあまり合唱をしなくなった中高生、
大人生徒の少し低い声が入ったら、とても素敵な合唱になるのでは
ないかしらん?と妄想が広がってきます。

もう一つ、うちの教室の発表会でなくてはならないのが
「トーンチャイム」ですね。


私は、基本的には、「ピアノの発表会」でピアノ演奏以外のことに、
あまり時間を割いたり、労力を使わないようにしています。
だって、「ピアノ教室」なんだもの。
お楽しみ会、じゃないから、しっかりピアノ演奏が出来るように
レッスンするのが、先生の一番の仕事だと、思っています。


チャイムや、合奏は、お楽しみです。隠し芸。
(と、言っても、最近は、テレビの隠し芸大会だって、レベル高いよね。)
だから、ある程度の練習はします
(というか、練習MDや、練習CDをちゃんと作ると、それで、そこそこ出来上がります)


でも、今回は、この「あそぼう会」で何かしら、伏線をはっておけば、
少し質の高い「お楽しみ」が出来るかなあ、と思いついた。



というわけで、準備です。

と、ここまで、書いて、忘れてはいけない


もう一つ、うちの発表会のお決まりがありました。


それは、リレーでした(運動会じゃないですよ。ピアノのリレーね)
曲はだいたい、決まってます。
それを弾きこなせるかなあ?ビシバシ!やろう。



mii











今月の質問

音楽之友社・ピアノを教える人、学ぶ人の「ムジカノーヴァ」に
5カ月続けて 導入期や、体験レッスンのための「おとのかいだん」を書かせていただきました。

このドリルは、11月号でひとまず、終わりですが、
一ヶ月あいだを空けて、1月号から、数回続編を書かせていただきます。

私自身が、このドリルを作成するにあたって、とても勉強できました。
これからもわかりやすいドリルを書いてみたいと思います。


連載している間、ムジカの誌面に恐れ多くも「執筆者」なんて肩書き?を
いただいて、「執筆者プロフィール」頁にも載せていただいたのですが・・・・

プロフィールの片隅に「今月の質問」というのがあり、
「お題」が決まっていて、それに対する答えを〆切までに
考えます。

ピアノや、音楽とは全く関係ない分野からの質問もあります。

私は、メールで質問をいただいた時に、だいたい直感で答えることが
多いです。
時間をおいて、考えると余計にわからなくなるもの、なのでね。

他の執筆者の方の答えを見比べるのも、楽しいです。

おうちに「ムジカノーヴァ」がある方、読み比べてみて
ください。


ちなみに、私の答を下に↓まとめてみました。


7月 Q「無人島に、何か1つしか持っていけないとしたら?」
   A 果物の苗

8月 Q「集めているものは、ありますか?」
   A(楽器店においていないような)ピアノ柄や音楽柄グッズ

9月 Q「行って良かった都市は?」(日本国内編)
   A 白神山地のブナの原生林 

10月Q「好きな演奏家は?」   
   A 須江太郎=わたしの師匠

11月Q 「癒される音は?」
   A 子どもたちの遊ぶ声


あなたの答え(A)は何ですか??




わたしの100曲


10/19  89. 無言歌 Op.53-1 (メンデルスゾーン)

10/21  90. 人生のメリーゴーラウンド (「千と千尋の神隠し」より・大宝博編曲)
       91. ピアノソナタ 嬰ハ短調 第一楽章(ハイドン)

10/22  92. ホール・ニューワールド(「アラジン」より・吉田洋編曲)


24時間テレビ

以前、blogに書いたテノール歌手の本田武久さん

なんと、24時間テレビの武道館で歌うそうです。
曲は、「アメージンググレイス」

8月21日(日)朝、8時45分~9時くらい、の出演です。
伴奏は、私の師匠、須江太郎先生


お時間のある方は是非ご覧になってください。


ムジカノーヴァ 8月号(ちょっと書き直し)

kakko


今月号の「ムジカノーヴァ」に載せていただいた「おとのかいだん」は、
「おりる音」

そして、白まるの増えた「のぼる音」や「おりる音」です。

ピアノの先生や、音楽経験の豊かな子供たちから思えば
なあんでもない事なのですが、小さな子には「おりる音」ってあまり意識の中に
なかったりします・・・

「ど」の上の音や
「そ」の上の音は、すんなり言えても

「ど」の下は?って聞かれたり
「そ」の下は?何かなあ?って考えてしまい、すぐに出てこない子もいます。

先日も、左手パートに「まんなかドから ドシラソ」と
音符で書かれているのに、「ドレミファ」って読んでる子が
いました。


べつに
「そ」の下の音が「ふぁ」だってすぐに言えなくても
うんと困りはしないかもしれません。


でも、

「おはよう!」
「さようなら~」と言うのと同じように自然に、
小さい時から、「れみふぁ」や「どしら」が言える事って、ピアノをすんなり弾くために
必要な事だと思います。


シンプルなドリルなので、コピーするときに、マル枠の文字を隠してコピーしたり、
オリジナルの「おとのかいだん」を作られるといいと、思います。



そして、

8月号には、もう一つ、記事に協力しました。

i


『ピアノの先生がオススメする』癒しと美をサポートする助けグッズ、です。


私のオススメは、虫除けにもなるアウトドア用のアロマキャンドルです。

夏の夕方の玄関って、ちょっと開けただけで蚊が闖入。。。。
生徒と一緒にくっついて、レッスン室まであがって来ることがあるのです。

カユイカユイ・・・・・

蚊取り線香もいいけど、
西洋の音楽には、西洋の虫除け?!もいいかな~?


iya




そして、もうひとつは、おしゃれな「青竹踏み」です。
いつもピアノの下に泳いでます。


青いスケルトンのワニくんの青竹踏みの方が、とんがり具合が痛く・・・
しかも、あまり見かけないでしょ?

こちらの方が お気に入りだったんですけど、
廃盤商品につき、もう売っていないんです。

今回、調べて問い合わせたら、マーナっていう会社で、
今は、シリコーンのキッチン用品をたくさん売り出しています。
でも、このワニ君は作っていないんですって。
これを買った数年前より、今の方がよっぽどこの手の
健康グッズがたくさん出てて売れると思うんだけどなあ。




8月号には、お友達の


tomtomさんと、

Limoneさん

紹介の癒しグッズも載っています。

いかにも二人をイメージさせるグッズです。

やんちゃ君の育児をしながら、ピアノの先生をがんばっているtomtomさんに、
ピアノだけでなく、美術にも精通しているご自身も素敵な絵を描かれるLimoneさん。。。

教室のみんなには、いつものように回覧するので、
ご覧になってくださいね。

音の階段

mujica




軽い風邪で喉が痛いな、と思っていたら

ほとんど声が出ない!という状態が1週間続いてしまいました。
(レッスンは、ダミ声でしてました。
体験レッスンも、二人してしまいました。
ひどい声で申し訳ありませんでした)


やっと元に戻ってきたところです。

今年は、ベランダでシシトウと、ピーマン作ってます。
シシトウは、面白いくらいどんどん採れ始めましたよ。

sisito



今日、発売のムジカノーヴァ7月号から、数カ月間ごく導入期、
体験レッスンの時用などに作ったドリルを改訂して
掲載させていただきます。

実物はこんな↑手書きです。


私の教室では、とにかく歌わされます(笑

階名で

ことばで

耳と目と指(手)とくちびると足と脳みそと
ある五感は全部使って

全身で

音楽を感じます。

あ、感じるだけではダメですね。

ちゃんとアタマを使って考えます。


さて、

ムジカノーヴァ誌には、いくつかドリルを送らせていただいたのですが・・

その中で一番、簡単?な初歩の初歩のドリルが採用されました。。。


昔から、手書きでコソコソっと、生徒用のドリルを作ったり
していましたが、私の作るドリルって万人向けでは
ないんです・・・


今、いる、あの子が
あそこが苦手だから

そんな理由で作ったりするものが多いからかな。

それに、

テレビのCMやニュースの一こまで流れてるスポット音楽を
題材にして

「小節線で、区切りましょう」

だの

「何調でしょう?」

なんて、問題を作ってしまうので。

この方が生徒の食いつきが良いものですから。

著作権にふれてしまうような問題作りがあったりするので
お外には出せないのでした。


これからも、教室では
自分たちで楽しむために
そんな良い意味でのふざけた楽しいドリルも
作ってみたいと思っています。


もちろん

ムジカノーヴァのドリルもよろしくお願いいたします。

ムジカの他のドリル頁も毎号コピーして
生徒達に使っています。









おはようございます

今日は、寒いけれどすごく良く晴れています。

小学校は卒業式。
停電の時間帯にぶつかっていますけれど、
この晴天が、みんなを無事に送り出してくれるでしょう。


ピアノのレッスンは、いまのところ、来週以降も行う予定です。

ただし、停電や、その他の状況により、当日の連絡で日時を変更することも、ありますので、
ご了承ください。


放射能の問題もあるし、往復路中の地震(レッスン中も何回も、携帯の警報がなっています)など
考えるとお休みにしてしまったほうが良いのかしら、と悩みながらの毎日です。

したがって、4月分お月謝は、4月末にレッスン回数でいただきます。
3月末には、「4月のお月謝は持ってこないでください」
よろしくお願いいたします。



また、ご心配いただきました。栗原市の義母ですが、同じ法人の経営する仙台市内の
介護施設のHPから、メールで問い合わせましたところ、スタッフ入所者、全員無事、また義母自身も元気との、メールの返信をいただきました。
電気だけが通った状態のようですが、
みな、ホッとしています。

さいごに

何かのお役にたつかもしれません。
クリックしてください。

横浜市環境創造局


新聞にも掲載されていますが。
より身近な情報として

横浜市役所


では、今日も、情報に気を付けて、でも、ふりまわされないで
いきましょう。

停電と余震とレッスン

今日は、実施されませんでしたが、停電が計画されています。



こちらの地域は、第?グループに入っています。
東電のHPがなかなかアクセス出来ず、勘違いなさっている方もいらっしゃっるようですが、
こちらは、第?グループですね。


ピアノのレッスンは今のところ予定通りするつもりです。


ただし、曇りや、とても寒い日にレッスン時間と停電が重なったり、
夜のレッスン時間に停電になった場合は急にレッスンを中止する事もありますので
ご了承ください。


また状況によっては、いつもの45分レッスンや1時間レッスンよりも早く、
30分程度で終わらせる事もあるかもしれません。


その時は連絡してから帰しますね。
(送迎しているご家庭はお母さんを待ってから帰します)

(夕方の生徒を短くする事で夜レッスンの人を繰り上げて出来そうな場合など、
そうさせていただくかもしれません)

余震が続いたり、原発の事故などご心配な時はご家庭の判断で自主的に
お休みなさってくださいね。

では、今後も連絡を密にして乗り切りましょう。


せんせいより♪


そして、今日は、普通にレッスンを終了しました。

いつもは、ごちゃごちゃなので、レッスン室の逃げ場?を
すこし整理しました。

もしもの時に備えて、赤ちゃん用の小さい毛布を「防災頭巾」代わりに
常備しました。

しかも、今日は(昨日もでしたけど)レッスン中に、何回か「緊急地震速報」が
「ビービー」鳴りました。

ちょうどよい避難訓練でした。

レッスンを中止して、節電に協力したほうが良いのかしら?と
思ったりもしますが、節電は家庭でしっかりします!し、
思うように外出できない、テレビも震災のことばかり
(もちろん、大切な報道番組ですが)

休日のお出かけもままならない子ども達。。。
少しでも、声を出して歌って、ピアノを弾いて、音楽を聴いて、
楽しんで帰ることが出来たら良いのかな、と
思って。
今日も、楽しくレッスンしました。
笑顔で子どもたちを帰しました。









応援に行こう!

あした(12月5日・日曜日)
瀬谷公会堂で、瀬谷区ジュニアコンサートが開催されます。

新築された新しい公会堂でのジュニアの音楽の集いです。

10回記念と言うことで、区外からも出演することができるため、
以前、参加のお知らせを皆様にもしましたね。
(昨年も他の記念行事がらみで区外から参加可能でした)


この教室から、
小4Hちゃん、小6Aちゃん姉妹、小5Hちゃん、中1Yちゃん、小6Eちゃん、の
5人が参加します。

小4Hちゃん、小6Aちゃん姉妹と小6Eちゃんは、今年で3回目の参加になります。
Eちゃんは、優秀な演奏をした人に贈られるトロフィーを2回いただきました。
(今年はどうかな?)

リハーサルも勿論なし、自分の演奏順まで、指定された客席で(楽譜も見ることが
出来ずに)待っていて演奏します(楽譜くらい持たせてくれてもいいのに。。。。)
今年は、特にたくさんの人に参加してもらうため、ということで
小学高学年や中学生でも演奏時間は3分です。
この「3分」に集中するのって、とても大変だなあ?と思います。
でも、毎回参加した生徒たちは、普段の練習通りに、落ち着いて演奏して、
「すごい!」と思ってしまいます。

また、演奏直後に公開で講評をしていただけるので、
それがとても勉強になるのです。(お友達の演奏を聴いて、
それに対する先生方の講評を聞く、とても良い機会だと
思います)
私の区にも、こういう催しがあったら!
と、毎回うらやましく思っています。


新しい公会堂は、響きもとても良く、音が美しく聞こえます。

お時間のある方は、是非、応援に行ってあげてください。

12時半開演ですが、当教室の参加者は、13時半頃以降が演奏時間の予定です。



プロフィール

ピアノの先生

Author:ピアノの先生
3人の息子と3人のお嫁さん、そして、4人の孫を持つピアノばーばです。

多くの子供達、お母様方との出会いの経験から、1人1人の個性に合ったピアノ指導と共に、独りよがりにならない音楽性や人間性を育てるよう心がけて指導しています。
自らもまだ学び中です。

音楽之友社発行「ムジカノーヴァ」にて、
07’7月号「ピアノの先生の社会見学」
08'8月号「音楽にまつわるお酒」
10'8月号「発表会の記念品におすすめ・お取り寄せスイーツ徹底調査」
10’10月号「わかった!できた!この指導法効果あり」
10’11月号、11'3月号「こんな曲、あったらいいな。ピアノの先生の夢叶えます」に取材・企画協力しました。

2011年は7月号から11月号まで、同誌に「おとのかいだん」を執筆しました。
2012年も、新シリーズを執筆すべく鋭意準備中。

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。